コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減力 げんりょくreduction; reducing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

減力
げんりょく
reduction; reducing

写真画像の濃度を下げること。露出過度や現像過度によって画面が濃すぎた場合に行う。減力剤としては,赤血塩,過マンガン酸カリウム,過硫酸アンモン,シュウ酸第二鉄カリウムなどを使う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げん‐りょく【減力】

写真現像で、ネガの画像の濃度を薬液処理によって低下させること。⇔補力

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げんりょく【減力】

〘写〙 過度の露出や現像のために黒っぽく仕上がったネガ画像などを薬品を使って、適当な階調をもつように処理すること。 ↔ 補力

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

減力の関連キーワード階調

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

減力の関連情報