コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補力 ほりょくintensification

翻訳|intensification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補力
ほりょく
intensification

露出や現像が不十分で現像定着をしたあとの画像が薄すぎるとき,ネガ画像濃度をプリントしやすい濃さにするために行う特殊な救済処理をいう。補力法には水銀補力,クロム補力,銅補力,鉛補力,キノンチオ硫酸補力などがある。しかし最初の露出がもともと不足で黒化度が低い画像では補力の効果は小さい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほ‐りょく【補力】

写真現像で、ネガの画像が淡い場合に、薬液の処理を施して修正すること。⇔減力

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほりょく【補力】

淡く仕上がったネガ画像に銀粒子などを付着させて濃度を高め焼き付けを可能にすること。 ↔ 減力

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

補力の関連キーワード硝酸ウラニル焼き付け横綱

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android