コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡嘉敷貞子 とかしき さだこ

1件 の用語解説(渡嘉敷貞子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡嘉敷貞子 とかしき-さだこ

1911-1969 昭和時代の染色家。
明治44年2月28日生まれ。沖縄の紅型(びんがた)復興につくした城間栄喜(しろま-えいき)に師事し,昭和28年琉球紅型技術保存会員となる。31年沖縄タイムス賞,43年日本民芸館展奨励賞。紅型研究所を設立,新時代の紅型を考案しつづけた。昭和44年1月25日死去。57歳。沖縄県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

渡嘉敷貞子の関連キーワード青木滋芳安達直次小合友之助小宮康助桜井霞洞鈴田照次広瀬治助皆川月華山下め由山田栄一

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone