コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺佐助(2代) わたなべ さすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺佐助(2代) わたなべ-さすけ

1831-1900 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)2年生まれ。青森のみそ製造業丸屋の養子となる。第一国立銀行の株主募集に協力し,安田銀行青森支店,第五十九国立銀行(のち青森銀行)の開設に尽力した。青森商業会議所会頭。青森電灯社長。明治33年4月26日死去。70歳。陸奥(むつ)青森出身。本姓は長谷川。名は重応。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

渡辺佐助(2代)の関連キーワード明治時代実業家天保

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android