コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やまと新聞 やまとしんぶん

4件 の用語解説(やまと新聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

やまと新聞
やまとしんぶん

明治から昭和にかけて発行された政府・右翼系の日刊紙。 1884年創刊の『警察新報』を改題,継承して『東京日日新聞』の創立者条野伝平らが 86年 10月に創刊。山県有朋田中光顕,桂太郎ら政界実力者のてこ入れもあったが,三遊亭円朝の落語・講談速記を連載するなど娯楽趣味に訴えた紙面づくりが受けて,88年の年間総発行部数は 589万余で,『郵便報知新聞』に次いだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

やまと新聞【やまとしんぶん】

明治〜昭和初期の日刊紙。警察ダネを掲載する小新聞(こしんぶん)であった《警察新報》の後身。1886年創刊。社長は条野伝平。福地桜痴岡本綺堂らが健筆を振るい発行部数33万を数えた時もあった。
→関連項目条野採菊山本実彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やまとしんぶん【やまと新聞】

1884年10月《東京日日新聞》創刊者の一人である条野伝平(採菊。鏑木清方の父。1831‐1901)によって《警察新報》として創刊され,おもに警察ダネを掲載する小新聞(こしんぶん)であった。86年10月《やまと新聞》と改題。三遊亭円朝の講談速記の連載など庶民向けの編集方針で評判を得た。しかし他紙におされて紙勢振るわず,97年に子爵高島鞆之助(1844‐1916)に譲渡,さらに1900年には新聞経営者で政治家の松下軍治(1867‐1915)の手に移った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

やまと新聞
やまとしんぶん

第二次世界大戦前、東京で発行されていた日刊紙。1886年(明治19)10月7日、条野採菊(さいきく)、西田伝助ら『東京日日新聞』の関係者が、『警察新報』を改題創刊した大衆新聞で、三遊亭円朝その他有名な芸人の話や講談を連載、評判を博した。1900年(明治33)松下軍治の経営に移り、11月1日『日出国(やまと)新聞』と改題したが、04年ふたたび旧題号に復した。松下時代は藩閥の山県(やまがた)・桂(かつら)系紙となり、大正初期のシーメンス事件では山本権兵衛(ごんべえ)内閣を批判、大隈重信(おおくましげのぶ)内閣擁立に力を尽くしたが、このころが最盛期で、15年(大正4)松下が亡くなると衰退に陥った。昭和に入ると、右翼大化会の指導者岩田富美男の手に移り、夕刊紙となって国防思想の普及に努めた。44年(昭和19)4月30日まで発行が確認されている。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまと新聞の関連キーワード毎日新聞山梨日日新聞岩手日日新聞熊本日日新聞島根日日新聞東海日日新聞奈良日日新聞宮崎日日新聞七海又三郎満洲日日新聞

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

やまと新聞の関連情報