渡辺善太(読み)わたなべ ぜんだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺善太 わたなべ-ぜんだ

1885-1978 明治-昭和時代の聖書学者。
明治18年12月2日生まれ。38年に受洗。東京聖学院神学校,同志社大,東京女子大でおしえ,大正15-昭和3年ドイツに留学。のち青山学院,立大の教授,日本基督教女子神学専門学校長。昭和53年7月26日死去。92歳。静岡県出身。明治学院中退。著作に「聖書論」(3部作),「旧約書の文学」など。
【格言など】俺こそが俺こそがとて暮らしけりその「俺こそが無なり」と知るまで(晩年の心境)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android