コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺善太 わたなべ ぜんだ

1件 の用語解説(渡辺善太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺善太 わたなべ-ぜんだ

1885-1978 明治-昭和時代の聖書学者。
明治18年12月2日生まれ。38年に受洗。東京聖学院神学校,同志社大,東京女子大でおしえ,大正15-昭和3年ドイツに留学。のち青山学院,立大の教授,日本基督教女子神学専門学校長。昭和53年7月26日死去。92歳。静岡県出身。明治学院中退。著作に「聖書論」(3部作),「旧約書の文学」など。
【格言など】俺こそが俺こそがとて暮らしけりその「俺こそが無なり」と知るまで(晩年の心境)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

渡辺善太の関連キーワード山下竹斎畔上賢造西成甫川合渉関根正雄野辺地天馬前田護郎町田次郎米田豊《王の聖書》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone