コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺武男 わたなべ たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺武男 わたなべ-たけお

1907-1986 昭和時代の地質学者。
明治40年6月23日生まれ。北海道帝大助教授をへて,昭和19年東京帝大教授となる。46年秋田大学長。専門は鉱床学で,小藤石などの新鉱石を発見。41年学士院賞。昭和61年12月18日死去。79歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「鉱物学の進歩」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の渡辺武男の言及

【小藤石】より

…水に不溶,弱酸に難溶,{110}に完全なへき開をもつ。この鉱物の存在は渡辺武男により,1938年に朝鮮半島の笏洞鉱山で初めて発見された。鉱物名は,日本の地質学の開拓者小藤文次郎にちなむ。…

※「渡辺武男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

渡辺武男の関連キーワード琴路 美津子阪東 妻三郎河津 清三郎大河 百々代昭和時代

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android