小藤石(読み)ことうせき(英語表記)kotoite

日本大百科全書(ニッポニカ)「小藤石」の解説

小藤石
ことうせき
kotoite

ホウ酸塩鉱物の一つ。苦灰岩の接触帯中に産し、花崗(かこう)岩からのホウ素(B)の供給によって生成された鉱物。1939年(昭和14)渡邊武男(1907―1986)により、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の笏洞(ホルコル)鉱山およびルーマニアのレズバニヤRézbányaから発見された。渡邊武男は日本でも岩手県宮古市根市(ねいち)鉱山(閉山)から発見した。方解石やその他のホウ酸塩鉱物などとともに産する。自形結晶はなく、粒状結晶が方解石中に埋没して産出する。硝酸に溶ける。笏洞鉱山を最初に調査した地質学者小藤文次郎(ぶんじろう)にちなんで命名された。

[加藤 昭 2016年8月19日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「小藤石」の解説

ことうせき【小藤石 kotoite】

化学組成Mg3(BO3)2の斜方晶系に属するホウ酸塩鉱物。無色透明で粗粒結晶として,他のホウ酸塩鉱物,苦土カンラン石などとともにドロストーンの接触変成帯に産する。モース硬度6.5,比重3。水に不溶,弱酸に難溶,{110}に完全なへき開をもつ。この鉱物の存在は渡辺武男により,1938年に朝鮮半島の笏洞鉱山で初めて発見された。鉱物名は,日本の地質学の開拓者小藤文次郎にちなむ。【竹内 慶夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報