コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺沙鴎 わたなべ さおう

2件 の用語解説(渡辺沙鴎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺沙鴎 わたなべ-さおう

1864*-1916 明治-大正時代の書家。
文久3年12月21日生まれ。水谷魯堂(ろどう),恒川宕谷(とうこく)にまなぶ。明治23年東京にでて日本郵船につとめ,日下部鳴鶴(くさかべ-めいかく)の門にはいる。40年日本書道会の創立にくわわる。大正5年10月15日死去。54歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は周。字(あざな)は士顕。別号に東海,飛清閣主。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渡辺沙鴎

没年:大正5.10.15(1916)
生年:文久3.12.21(1864.1.29)
明治時代の書家。幼名新太郎。号は沙鴎,東海,飛清閣主など。名古屋出身。最初,郷里の書家恒川宕谷に師事。明治23(1890)年,日本郵船東京本社勤務となり上京,日下部鳴鶴に入門した。鳴鶴の助言により,多くの師に学び,とりわけ中林梧竹の影響を受け,独自の書風を展開している。<参考文献>鈴木方鶴編『渡辺沙鴎作品集』

(山内常正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡辺沙鴎の関連キーワード水野疎梅石井常英尚典永山盛興成清博愛牧野貞寧松井芳雄望月長夫桃井日威大正時代美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone