コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺清(2) わたなべ きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺清(2) わたなべ-きよし

1925-1981 昭和時代後期の作家,反戦運動家。
大正14年2月17日生まれ。海軍志願兵となり,戦艦武蔵(むさし)沈没にあうが生きのこった。戦後「海の城」「戦艦武蔵の最期」「私の天皇観」をあらわす。日本戦没学生記念会(わだつみ会)事務局長。昭和56年7月23日死去。56歳。静岡県出身。
【格言など】八十歳の天皇より先に死ぬわけにはいかぬ。生き残りの意地にかけても,どうしても死ぬわけにはいかぬ(「私の天皇観」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

渡辺清(2)の関連キーワード戦艦武蔵

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android