コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わだつみ会 わだつみかい

百科事典マイペディアの解説

わだつみ会【わだつみかい】

日本戦没学生記念会の別称。第2次大戦戦没学生の手記きけわだつみのこえ》(1949年)出版を契機に,1950年文化人,遺族,学生によって結成された平和運動団体。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わだつみかい【わだつみ会】

日本戦没学生記念会の別称。1947年に東京大学協同組合が第2次世界大戦中の東京大学出身の戦没者の手記を集めて出版した《はるかなる山河に》が大きな反響を呼んだ。ついで全国の戦没学生の手記を集めた《きけわだつみのこえ》(1949)を出版した。これらの出版を契機としてわだつみ会は50年に創立され,各地の大学に支部が設けられ,学生による反戦・平和運動団体として活動したが,58年に日本共産党内部の国際派と主流派の対立のあおりを受けて解散した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

わだつみ会の関連キーワード日本戦没学生記念会渡辺清(2)星野安三郎橋川 文三吉川勇一学徒出陣安田 武中村克郎大島孝一渡辺 清山下肇

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android