戦艦武蔵(読み)センカンムサシ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

戦艦武蔵

1938年3月から4年余りかけて三菱重工業長崎造船所で造られ、42年8月に任務に就いた。全長263メートル、排水量6万5千トン。戦艦大和とともに世界最大級を誇った。射程40キロ以上の九つの46センチ主砲を備えた。フィリピンでの撃沈で乗組員2399人のうち1千人以上が犠牲になった。軍事機密とされた建造計画については、作家吉村昭が記録小説「戦艦武蔵」に書き残した。

(2018-03-20 朝日新聞 朝刊 京都市内・1地方)

戦艦武蔵

1938年3月から4年余りかけて三菱重工業長崎造船所で造られ、42年8月に任務に就いた。全長263メートル、排水量6万5千トン。戦艦大和とともに世界最大級を誇った。射程40キロ以上の九つの46センチ主砲を備えた。フィリピンでの撃沈で乗組員2399人のうち1千人以上が犠牲になった。軍事機密とされた建造計画については、作家吉村昭が記録小説「戦艦武蔵」に書き残した。

(2018-04-14 朝日新聞 朝刊 富山全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

知恵蔵miniの解説

戦艦武蔵

大日本帝国海軍の軍艦。三菱重工業長崎造船所第二船台で建造され、1942年8月に竣工した。全長263メートル、重量6万9100トン、15万馬力、乗員2500名。当時世界最大の46センチ主砲を9門搭載した超弩級戦艦だった。43年2月より、日本海軍連合艦隊の旗艦として太平洋各海域に出撃。44年10月、フィリピン・レイテ島へ向けてブルネイ・ダルサラーム国より出撃したが、同年10月24日19時35分、米軍の魚雷20発、爆弾17発、至近爆弾多数を受けて、フィリピンのシブヤン海に戦没した(レイテ沖海戦)。これまでその残骸は見つかっていなかったが、米国マイクロソフト社の共同創業者であるポール・アレンが行った独自調査の結果、2015年3月に、海中に沈んだ「武蔵」と思われるものの写真をTwitterに投稿、専門家は本物である可能性が高いとしている。

(2015-3-5)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

世界大百科事典内の戦艦武蔵の言及

【艦砲】より

…軍艦などに装備された火砲。13世紀ころ地中海で使用されたガレー船でハンドカノンが用いられたのが始まりであるといわれる。15世紀ころにはスペイン,イギリス,フランス,中国,朝鮮などの軍艦に口径(砲身の内径)の小さな少数の火砲が搭載されるようになった。その後しだいに口径が大きくなり搭載数も増加し,両玄に複層にわたって搭載したガレオン船も現れた。当時の弾丸は鉄や石の球塊で,相手艦を撃沈するには威力が不十分であり,海戦の雌雄はいぜんとして接玄移乗戦闘により決する場合が多かった。…

※「戦艦武蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦艦武蔵の関連情報