コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺白泉 わたなべ はくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺白泉 わたなべ-はくせん

1913-1969 昭和時代の俳人。
大正2年3月24日生まれ。慶大在学中から「馬酔木(あしび)」「句と評論」などに投句。昭和12年「風」を創刊。新興俳句運動を推進したが,15年京大俳句弾圧事件で検挙された。戦後は俳壇をはなれて活動した。昭和44年1月30日死去。55歳。東京出身。本名は威徳(たけのり)。遺句集に「白泉句集」。
【格言など】戦争が廊下の奥に立つてゐた(「白泉句集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の渡辺白泉の言及

【新興俳句】より

…(2)中期は37年ころまで。35年ころには《京大俳句》《句と評論》《土上》《旗艦》等の主要誌が呼応,運動は全国的に伝播するとともに,連作から派生した無季俳句へと転進,篠原鳳作,西東三鬼(さいとうさんき),渡辺白泉,富沢赤黄男(とみざわかきお)らにより斬新な詩情と表現様式が追求される一方,《土上》《句と評論》では生活俳句が主張された。有季遵守の秋桜子,誓子は運動から離脱した。…

※「渡辺白泉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

渡辺白泉の関連キーワード3月24日渡辺 白泉三橋 敏雄三橋敏雄新興俳句

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡辺白泉の関連情報