渡辺秀実(読み)わたなべ しゅうじつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺秀実 わたなべ-しゅうじつ

1778-1830 江戸時代後期の画家。
安永7年生まれ。父渡辺秀詮(しゅうせん)や真村蘆江(まむら-ろこう)にまなび,享和2年父の跡をついで唐絵目利(からえめきき)となる。「長崎画人伝」をのこした。文政13年9月26日死去。53歳。肥前長崎出身。字(あざな)は元成。別号に鶴洲など。
【格言など】戯作かへりて醜僻を招く(座右銘)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android