コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺譲(読み)わたなべ ゆずる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺譲 わたなべ-ゆずる

1855-1930 明治-昭和時代前期の建築家。
安政2年10月17日生まれ。工部省,内務省につとめ,ドイツに留学。明治23年官を辞し,翌年帝国ホテルを設計(同ホテルは大正12年ライトによって建て直された)。27年海軍技師に転じ,舞鶴(まいづる)鎮守府建設などにたずさわる。昭和5年9月7日死去。76歳。江戸出身。工部大学校(現東大)卒。幼名は寿太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の渡辺譲の言及

【帝国ホテル】より

…何回かの新増改築を経たが,とくに1923年のF.L.ライト設計による荘重な建物,また欧米で高級ホテルの経営を学んだ犬丸徹三(1887‐1981)の活躍などにより,その名声は世界的なものとなった。【岡本 伸之】
[建築]
 1890年竣工の最初の建物は渡辺譲の設計で,木骨煉瓦造三階建て,客室60,工費23万円の破格な豪華ホテルであった(1922焼失)。その後,明治末以来の外国客激増に伴って新館の建設が計画され,設計をアメリカの著名建築家ライトに委嘱した。…

※「渡辺譲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android