コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

測深 そくしんsounding

翻訳|sounding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

測深
そくしん
sounding

海面から海底までの鉛直距離を定する操作。海面潮汐などにより絶えず上下しているため,海図にはある海面を基本水準面として水深を表わしている。日本ではその場所のほぼ最低低潮面を採用しているが,水深 200m以上の場合は潮汐による測定差は誤差範囲と考え,特に潮位補正はしていない。海の測深は航海の必要上古くから行われ,19世紀後半には海底ケーブル布設のため深海の測深技術が発達した。測深の方法には,音響測深法,索測深法,水圧測深法,温度測深法があるが,現在では音響測深法が広く用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そく‐しん【測深】

[名](スル)深さ、特に水深をはかること。「ダムの貯水を測深する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そくしん【測深】

( 名 ) スル
水深を測ること。 「鋼索-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の測深の言及

【測深器】より

…測深儀とも呼ばれる。海や湖水の深さを測定することを測深といい,これを行うための機器をいう。…

※「測深」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

測深の関連キーワードマルチ・ナロービーム音響測深機インバーテッドエコーサウンダーマルチナロービーム測深機マルチナロービーム測深器ナローマルチビーム測深器サイドスキャンソナーマルチビーム測深機プエルト・リコ海溝水中超音波機器測量船(船舶)深海音波散乱層エムデン海淵音響測深機海洋観測船ラマポ海淵音響測深儀魚群探知機田中阿歌麿音響探測沿岸航法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

測深の関連情報