コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

測高公式 hypsometric formula,barometric height formula

2件 の用語解説(測高公式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

測高公式【hypsometric formula,barometric height formula】

気圧と高さの関係を表す式で,静力学から導かれる.水蒸気の寄与を無視し,重力の加速度を9.8m/s2 としたとき,地表面からの高さ h(m)は気圧 phPa)と次のような関係にある.

この式で t は気相の平均温度(摂氏温度)である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

測高公式
そっこうこうしき

気圧と高さの関係を表す式をいう。ラプラスの公式ともよばれる。測高公式は、鉛直方向の気圧傾度力と重力がつり合っていることを示す静力学の式、すなわち

から導かれる。ここで、pは気圧、zは高さ、ρは空気の密度、は重力の加速度である。いま、水蒸気の存在を無視し、重力の加速度を9.8メートル毎秒毎秒とすると、地上からの高さ(h)は次の式で与えられる。

ただし、は地上からh(メートル)までの気層の平均気温(℃)、p0は地上の気圧(ヘクトパスカル)、pはhでの気圧(ヘクトパスカル)である。気層の平均気温を0℃として、気圧のみから高さを求め、これに温度補正を施すようにした速算表がある。[股野宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の測高公式の言及

【気圧】より

…つまり気圧は高さと共に指数関数的に減少し,その減少の割合は気温に逆比例する。水蒸気を無視し,気圧と高さの関係を表したのが〈測高公式〉で気圏の平均気温をt℃,地上気圧をP0hPa,地上面からの高さhmにおける気圧をPhPaとすると,h=18400(1+0.00366t)log(P0/P)となる。
[気圧の観測]
 気圧の測定には古くから水銀気圧計が用いられている。…

※「測高公式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

測高公式の関連キーワード静力学動力学チベット高気圧関係式ずからハーゲン-ポアゼイユの式岡田の法則(気象学)カークウッドの公式クラマース‐クローニヒの関係式コックス線図

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone