渲染法(読み)センゼンホウ

デジタル大辞泉の解説

せんぜん‐ほう〔‐ハフ〕【×渲染法】

東洋画の技法の一。画面に水を塗り、乾きぎわに墨や絵の具で描いて、ぼんやりとにじませる法。山水図の雲煙、おぼろ月夜などの朦朧(もうろう)とした感じを表す。にじみがき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せんせん‐ほう ‥ハフ【渲染法】

〘名〙 画法の一つ。画面に水を引いてその乾きぎわに筆を下したり、淡墨淡彩を施してその乾かないうちに筆に水を含ませて描いたりなどして、濃淡をきわだたせないでにじみがきの妙味を表出する画法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android