コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渺漫(読み)ビョウマン

デジタル大辞泉の解説

びょう‐まん〔ベウ‐〕【×渺漫】

[ト・タル][文][形動タリ]果てしなく広がっているさま。渺渺。
「暴水漲(みなぎ)り田地を浸して稲の穂を没し、―として沼の如く」〈鉄腸・南洋の大波瀾〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びょうまん【渺漫】

( トタル ) [文] 形動タリ 
広々として果てしのないさま。渺渺。 「小松原-として遠く連り/日光山の奥 花袋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android