(読み)ビョウ

デジタル大辞泉の解説

びょう〔ベウ〕【×渺】

[ト・タル][文][形動タリ]水面などが限りなく広がっているさま。はるかにかすんでいるさま。
「―たる海原を詠めて居り」〈逍遥・内地雑居未来之夢〉

びょう【渺】[漢字項目]

[音]ビョウ(ベウ)(漢)
遠くはるかなさま。果てしないさま。「渺漠渺渺渺茫(びょうぼう)縹渺(ひょうびょう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びょう【渺】

( トタル ) [文] 形動タリ 
水のはてしなく広がっているさま。 「水煙-として、曇らぬ空に雲かと見る/歌行灯 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

びょう ベウ【渺】

〘形動タリ〙
① 水の限りなく広がっているさま。果てしないさま。はるかにかすんでいるさま。渺渺。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「大湖の浜を眺望すれば、その平衍なる、渺として涯なきが如し」 〔高適‐送崔録事赴宣城詩〕
② 非常に微少であるさま。きわめて小さいさま。わずかであるさま。
※芭蕉(1922)〈吉田絃二郎〉「江戸に於けるかれはまだ渺(ベウ)たるほとんど無名の俳人に過ぎなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android