コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビョウ

デジタル大辞泉の解説

びょう〔ベウ〕【×渺】

[ト・タル][文][形動タリ]水面などが限りなく広がっているさま。はるかにかすんでいるさま。
「―たる海原を詠めて居り」〈逍遥・内地雑居未来之夢〉

びょう【渺】[漢字項目]

[音]ビョウ(ベウ)(漢)
遠くはるかなさま。果てしないさま。「渺漠渺渺渺茫(びょうぼう)縹渺(ひょうびょう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

びょう【渺】

( トタル ) [文] 形動タリ 
水のはてしなく広がっているさま。 「水煙-として、曇らぬ空に雲かと見る/歌行灯 鏡花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

渺の関連キーワード乏・亡・傍・冒・剖・卯・厖・坊・妄・妨・帽・忘・忙・房・旁・暴・望・某・棒・榜・眸・紡・膨・芒・茅・茫・謀・謗・貌・貿・防ブラック(Georges Braque)万・慢・懣・満・滿・漫・瞞・萬・饅ファン チィーウェイ国栖(能)煙波・烟波中島与一郎オシアンランボー正徹物語神韻縹渺井上友貞山崎闇斎雲井竜雄馮文炳トタル無辺際水煙幽玄渺然

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android