湛堂超然(読み)たんどう ちょうねん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湛堂超然 たんどう-ちょうねん

1646-1728 江戸時代前期-中期の僧。
正保(しょうほ)3年生まれ。曹洞(そうとう)宗。筑前(ちくぜん)(福岡県)の人。筑前東林寺の卍山(まんざん)道白に師事して,その法をつぐ。元禄(げんろく)11年興宗寺をひらき,のち東林寺住持となった。道白のことばを「卍山和尚東林語録」としてまとめた。享保(きょうほう)13年1月14日死去。83歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android