コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湛堂超然 たんどう ちょうねん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湛堂超然 たんどう-ちょうねん

1646-1728 江戸時代前期-中期の僧。
正保(しょうほ)3年生まれ。曹洞(そうとう)宗。筑前(ちくぜん)(福岡県)の人。筑前東林寺の卍山(まんざん)道白に師事して,その法をつぐ。元禄(げんろく)11年興宗寺をひらき,のち東林寺住持となった。道白のことばを「卍山和尚東林語録」としてまとめた。享保(きょうほう)13年1月14日死去。83歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

湛堂超然の関連キーワード井上正継メイナール小林義信ヒューム(Lord Kames Henry Home)谷木因金木さなぶり荒馬踊キリシタン屋敷塩見政誠浄興寺沢庵宗彭

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android