コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯之元温泉 ゆのもとおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯之元温泉
ゆのもとおんせん

鹿児島県西部,薩摩半島北西岸,日置市にある温泉。泉質硫黄泉,硫化水素泉。泉温は 38~55℃。源泉が各地にあり,湯量は多い。神経痛リウマチ皮膚病特効があるといわれる。吹上浜に近く,鹿児島市薩摩川内市などからの行楽客も多い。 JR鹿児島本線が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕湯之元温泉(ゆのもとおんせん)


鹿児島県西部の日置(ひおき)市東市来(ひがしいちき)町にある行楽・保養向きの温泉。江戸時代には薩摩(さつま)藩の藩営湯治場であった。南東約3kmに薩摩焼(苗代川(なえしろがわ)焼)窯元、北西約9kmに金鉱山の廃坑を利用したゴールドパーク串木野(くしきの)がある。単純硫黄泉。泉温55.5℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

湯之元温泉の関連キーワード鹿児島県日置市東市来町湯田宮崎県西諸県郡高原町鹿児島県日置市東市来[町]江戸時代薩摩焼東市来窯元廃坑

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android