湯朝竹山人(読み)ゆあさ ちくさんじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯朝竹山人 ゆあさ-ちくさんじん

1875-1944 明治-昭和時代前期の小唄研究家。
明治8年生まれ。もと僧で,明治30年ごろ「万(よろず)朝報」の記者となり,宗教欄を担当。のち端唄(はうた),小唄などの三味線小歌曲や民謡の研究に従事した。昭和19年1月2日死去。70歳。兵庫県出身。名は観明。は湯浅ともかく。著作に「小唄漫考」「諸国俚謡(りよう)傑作集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android