コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯浅年子 ゆあさ としこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯浅年子 ゆあさ-としこ

1909-1980 昭和時代の原子物理学者。
明治42年12月11日生まれ。昭和15年キュリー夫妻に師事するためフランスに留学。人工放射性物質のβ崩壊の研究でフランス理学博士。20年東京女高師(現お茶の水女子大)教授。24年再渡仏し,32年国立科学研究センター主任研究員となる。日仏交流にも貢献。昭和55年2月2日パリで死去。70歳。東京出身。東京文理大卒。
【格言など】科学の根本精神は広い豊かな愛である(「パリ随想3」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆあさとしこ【湯浅年子】

1909~1980) 物理学者。東京生まれ。東京文理科大卒。パリに留学し、 β 崩壊を研究。原子核の小数核子系の実験で知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

湯浅年子の関連キーワードジョリオ・キュリー(夫妻)12月11日物理学者原子核

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯浅年子の関連情報