源九郎狐(読み)ゲンクロウギツネ

デジタル大辞泉の解説

げんくろう‐ぎつね〔ゲンクラウ‐〕【源九郎狐】

伝説で、大和にいたといわれるいたずら狐。播磨(はりま)刑部狐(おさかべぎつね)の兄弟とされる。
浄瑠璃義経千本桜」に登場する狐。親狐の皮で作られた初音の鼓を慕って、持ち主静御前のもとへ佐藤忠信(さとうただのぶ)に化身して出る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんくろうぎつね【源九郎狐】

大和にいたという、いたずら狐。
浄瑠璃「義経千本桜」に登場する狐。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げんくろう‐ぎつね ゲンクラウ‥【源九郎狐】

[一] 伝説で、大和(奈良県)にいたという狐。播磨(兵庫県)の刑部狐(おさかべぎつね)の兄弟ともいわれ、よく人をだまし悪戯(いたずら)をする。
[二] 浄瑠璃「義経千本桜」に出てくる義経の通称源九郎の名を譲られた狐。親狐の皮で張った静御前の持つ初音の鼓を慕って、佐藤忠信に化け静御前を守る。源九郎狐の伝説から作られたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源九郎狐の関連情報