コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源九郎狐 ゲンクロウギツネ

デジタル大辞泉の解説

げんくろう‐ぎつね〔ゲンクラウ‐〕【源九郎狐】

伝説で、大和にいたといわれるいたずら狐。播磨(はりま)刑部狐(おさかべぎつね)の兄弟とされる。
浄瑠璃義経千本桜」に登場する狐。親狐の皮で作られた初音の鼓を慕って、持ち主静御前のもとへ佐藤忠信(さとうただのぶ)に化身して出る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げんくろうぎつね【源九郎狐】

大和にいたという、いたずら狐。
浄瑠璃「義経千本桜」に登場する狐。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

源九郎狐の関連キーワード佐藤忠信狐忠信

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源九郎狐の関連情報