コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源仲綱 みなもとの なかつな

2件 の用語解説(源仲綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源仲綱 みなもとの-なかつな

1126-1180 平安時代後期の武将。
大治(だいじ)元年生まれ。源頼政の長男。平氏打倒のため,治承(じしょう)4年以仁(もちひと)王を奉じて父とともに挙兵。敗れて同年5月26日宇治平等院で自害した。55歳。平宗盛(むねもり)に愛馬をうばわれたことが,挙兵の理由のひとつともいわれる。歌人としても活躍,歌は「千載和歌集」などにはいる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源仲綱

没年:治承4.5.26(1180.6.20)
生年:大治1(1126)
平安末期の武将,歌人。頼政の嫡男。母は源斉頼の娘。正五位下。隠岐守,伊豆守。治承4(1180)年5月,父頼政と共に以仁王を擁して平家討滅の兵を挙げた。そのとき,諸国の源氏に起兵を呼びかけた以仁王の令旨の奉者を務めた。『平家物語』は,頼政一族の挙兵の動機のひとつを,平宗盛が仲綱の名馬を強奪したためとし,その話を詳述する。しかし,この挙兵は失敗し,仲綱は宇治平等院で奮戦のすえ自害。歌人としては,貴族歌壇の常連で,右大臣九条兼実家の歌会・歌合などにも出席した。藤原俊成らにも評価され,『千載和歌集』に6首採られている。<参考文献>井上宗雄『平安後期歌人伝の研究』

(田中文英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源仲綱の関連キーワード千載和歌集畠山重保頼政讚岐藤原実定平業盛田代信綱源有綱源兼綱源仲家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone