コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源冷 みなもとの すずし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源冷 みなもとの-すずし

835-890 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
承和(じょうわ)2年生まれ。仁明(にんみょう)天皇の皇子。臣籍にはいり,源姓をあたえられる。元慶(がんぎょう)6年(882)参議となり,宮内卿,左衛門督(さえもんのかみ)などをかねた。従三位。寛平(かんぴょう)2年2月25日死去。56歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源冷

没年:寛平2.2.25(890.3.19)
生年承和2(835)
平安前期の公卿。従三位。仁明天皇皇子で母は不詳。源朝臣の氏姓を賜り臣籍に下る。嘉祥1(848)年,義兄本康親王と共に清涼殿元服。元慶6(882)年48歳で参議となり,9年務めた。

(朧谷寿)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

源冷の関連キーワード没年

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android