源加(読み)みなもとの くわう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源加 みなもとの-くわう

?-? 平安時代前期の官吏。
源生(いける)の子。嵯峨(さが)源氏貞観(じょうがん)2年(860)従五位下。元慶(がんぎょう)8年備前権守(ごんのかみ)となり,正五位下にすすむ。仁和(にんな)元年(885)讃岐(さぬき)の人を殺害した備前の山吉直(やまの-よしなお),秦春貞(はたの-はるさだ)を断罪した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android