源定清(読み)みなもとの さだきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源定清 みなもとの-さだきよ

?-1335 鎌倉-南北朝時代の公家,武将。
源定平の子。村上源氏家名は中院(なかのいん)。建武(けんむ)の新政により左近衛(さこんえの)中将,越中守に任じられた。足利尊氏に呼応した越中守護普門(井上)俊清に攻められ,能登(のと)石動(いする)山で建武2年12月12日戦死。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android