コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源家長日記 みなもとのいえながにっき

百科事典マイペディアの解説

源家長日記【みなもとのいえながにっき】

鎌倉初期の日記。後鳥羽上皇に仕えた源家長〔?-1234〕が仮名文で書いたもので,日並みの記ではなく,エピソードを事項ごとにまとめて記している。《新古今和歌集》の撰集下命,竟宴,切継ぎなどの経過や,藤原俊成の九十賀とその死,藤原良経の死,鴨長明の出家など歌人の消息に詳しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

みなもとのいえながにっき〔みなもとのいへながニツキ〕【源家長日記】

源家長による日記。新古今和歌集選定作業の様子や当時の歌人たちの動静が仮名文で記されている。家長日記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例