源希(読み)みなもとの まれ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源希 みなもとの-まれ

849-902 平安時代前期-中期の公卿(くぎょう)。
嘉祥(かしょう)2年生まれ。源弘(ひろむ)の6男。源等(ひとし)の父。嵯峨(さが)源氏右大弁,蔵人頭(くろうどのとう),左近衛(さこんえの)中将をへて,寛平(かんぴょう)7年(895)参議となる。のち従三位,中納言にすすみ,民部卿(みんぶきょう)をかねた。延喜(えんぎ)2年1月19日死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android