コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源慶安 みなもと よしやす

2件 の用語解説(源慶安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源慶安 みなもと-よしやす

1648-1729 江戸時代前期-中期の神道家。
慶安元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。京都二条派の歌人。金勝(こんぜ)入道の名で延宝8年(1680)俳書「二つ盃」をあらわし,貞門と談林派の論争を評した。また享保(きょうほう)4年神仏習合説をまとめた「両部神道口決鈔」を刊行した。享保14年5月9日死去。82歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源慶安

没年:享保14.5.9(1729.6.5)
生年:慶安1(1648)
江戸前期の両部神道家,暦学者。近江国(滋賀県)の人。西村遠里は「神学を好み暦象の学を以て本朝天文面一算を著す。然れども此人算術に暗し,故に暦算の玄々を探る事あたわず。暦象の学半途の士」と評している。著書に享保4(1719)年刊の『両部神道口決鈔』(6冊),同5年刊の『本朝天文』(9冊)がある。『本朝天文』は通俗的な暦学書であるが,その第1巻に三天儀と名付ける,中心に地球を置き,その回りを太陽と月がそれぞれの周期をもって巡るようにした仕掛けの,おもりと歯車を利用した作り方が説明してある。このため地球説を広める者として,文雄を始めとする仏教界の須弥山擁護派から敵視された。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源慶安の関連キーワード忌部正通俗神道橘三喜三輪神道両部神道卜部神道三部神道両部忌部坦斎臼井雅胤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone