コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源等 みなもとの ひとし

2件 の用語解説(源等の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源等 みなもとの-ひとし

880-951 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
元慶(がんぎょう)4年生まれ。嵯峨(さが)源氏,源希(まれ)の子。天暦(てんりゃく)元年参議となり,正四位下にいたる。歌は「後撰(ごせん)和歌集」に4首はいっている。天暦5年3月10日死去。72歳。
【格言など】浅茅生(あさぢふ)の小野の篠原忍ぶれど余りてなどか人の恋しき(「小倉百人一首」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源等の関連キーワード外車船金本知憲川端商店街の火災太田房江知事の政治とカネ問題ゴルフ場と練習場の来客数裁判所の速記官大分大山町農協コメの価格認知症の人を地域で見守る取り組み西松屋チェーン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

源等の関連情報