源等(読み)みなもとの ひとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源等 みなもとの-ひとし

880-951 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
元慶(がんぎょう)4年生まれ。嵯峨(さが)源氏,源希(まれ)の子。天暦(てんりゃく)元年参議となり,正四位下にいたる。歌は「後撰(ごせん)和歌集」に4首はいっている。天暦5年3月10日死去。72歳。
【格言など】浅茅生(あさぢふ)の小野の篠原忍ぶれど余りてなどか人の恋しき(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みなもとのひとし【源等】

877~951) 平安中期の歌人。希の子。正四位下参議。「後撰和歌集」に四首入集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android