コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源等 みなもとの ひとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源等 みなもとの-ひとし

880-951 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
元慶(がんぎょう)4年生まれ。嵯峨(さが)源氏,源希(まれ)の子。天暦(てんりゃく)元年参議となり,正四位下にいたる。歌は「後撰(ごせん)和歌集」に4首はいっている。天暦5年3月10日死去。72歳。
【格言など】浅茅生(あさぢふ)の小野の篠原忍ぶれど余りてなどか人の恋しき(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みなもとのひとし【源等】

877~951) 平安中期の歌人。希の子。正四位下参議。「後撰和歌集」に四首入集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

源等の関連キーワード奄美群島振興開発基金KMオシロスコープ特定秘密保護法道路特定財源チョッパ制御木質炭化学会緑資源公団3C分析藤原助信翠岩承堅藤原敦信揮発油税MBA道路資源歌人源希

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源等の関連情報