コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源等(読み)みなもとの ひとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源等 みなもとの-ひとし

880-951 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
元慶(がんぎょう)4年生まれ。嵯峨(さが)源氏,源希(まれ)の子。天暦(てんりゃく)元年参議となり,正四位下にいたる。歌は「後撰(ごせん)和歌集」に4首はいっている。天暦5年3月10日死去。72歳。
【格言など】浅茅生(あさぢふ)の小野の篠原忍ぶれど余りてなどか人の恋しき(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みなもとのひとし【源等】

877~951) 平安中期の歌人。希の子。正四位下参議。「後撰和歌集」に四首入集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android