コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅茅生 アサジウ

デジタル大辞泉の解説

あさじ‐う〔あさぢふ〕【浅×生】

浅茅の生えている所。あさじはら。あさじ。
「いとどしく虫の音(ね)しげき―に露おきそふる雲の上人」〈桐壺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

あさじお【浅茅生】

滋賀の日本酒。酒名は、延宝5年(1677)聖護院宮道寛親王より賜った和歌にちなみ命名。大吟醸酒純米吟醸酒純米酒本醸造酒などがある。原料米は五百万石、山田錦など。仕込み水は三井の湧水蔵元の「平井商店」は万治元年(1658)創業。所在地は大津市中央。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

あさじう【浅茅生】

浅茅の生えている所。 「 -に露おきそふる雲の上人/源氏 桐壺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浅茅生の関連キーワード小倉百人一首置き添ふ志田野坡四方の嵐いとどし雲の上人小野節何ぞや浅茅花衣源等

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android