源貞恒(読み)みなもとの さだつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源貞恒 みなもとの-さだつね

857-908 平安時代前期-中期,光孝天皇の皇子。
天安元年生まれ。臣籍にはいり,源姓となる。寛平(かんぴょう)5年(893)参議となり,右衛門督(うえもんのかみ),検非違使(けびいし)別当などを兼任。正三位にすすみ,延喜(えんぎ)8年大納言。同年8月1日死去。52歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android