コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源雅頼 みなもとの まさより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源雅頼 みなもとの-まさより

1127-1190 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
大治(だいじ)2年生まれ。源雅兼の子。母は源能俊(よしとし)の娘。長寛2年(1164)参議治承(じしょう)3年(1179)権(ごんの)中納言で解官,のち正二位。猪熊(いのくま)源中納言とよばれる。有職(ゆうそく)家。源平争乱期には家人(けにん)の中原親能(ちかよし)を通じて,源頼朝九条兼実(かねざね)のあいだを仲介した。建久元年8月3日死去。64歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源雅頼

没年:建久1.8.3(1190.9.4)
生年:大治2(1127)
平安末期の公卿。権中納言源雅兼と大納言源能俊の娘の子。後白河天皇の蔵人,弁官,伊勢・遠江の権守を経て嘉応1(1169)年権中納言,治承3(1179)年辞するが寿永2(1183)年正二位。文治3(1187)年妻の病のために出家。有職故実に通じ,文書,日記類を多く所蔵する。摂関家の藤原忠通と親交が深く,その子の兼実とも密接なつながりがあった。また,源頼朝の近習,中原親能が家人で息子の兼忠の乳母の夫であったことから治承4(1180)年頼朝の蜂起後,頼朝の意向の伝達者として京と鎌倉とのパイプ役を果たし,特に兼実と頼朝の仲介役となる。『平家物語』巻5には雅頼に伺候する青侍が,将軍職が平氏から源氏へ,そして藤原氏へと移行する夢を見,青侍が喚問される前に逐電すると語られる。これは『平家物語』成立時期ともかかわるが,治承4年12月6日に雅頼邸で親能が追捕されかけた事件と関係しているかもしれない。

(櫻井陽子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

源雅頼の関連キーワード源兼忠(2)宇津保物語藤原成頼近衛兼経源兼忠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android