コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源頼茂 みなもとの よりもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源頼茂 みなもとの-よりもち

?-1219 鎌倉時代の武将。
頼政の孫。源頼兼の子。源実朝家司承久(じょうきゅう)元年大内(おおうち)守護となる。同年7月13日謀反(むほん)のかどで追討され,子の頼氏らと内裏仁寿殿(じじゅうでん)に火をかけて自殺。将軍位をのぞんだというが,真偽不明。

源頼茂 みなもとの-よりしげ

みなもとの-よりもち

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源頼茂

没年:承久1.7.13(1219.8.24)
生年:生年不詳
鎌倉前期の武将。頼政の孫,頼兼の子で,大内裏中の内裏の警固を職務とする大内守護相伝。源実朝の家司となるとともに,左大将・右大臣拝賀の際は鎌倉に赴いており,実朝と親しい武士であった。承久1(1219)年7月13日,大内守護の任にあった頼茂は,後鳥羽上皇の命に従った在京の武士らによって追討され,内裏の仁寿殿に入って火を放ち自殺した。追討の原因については,『吾妻鏡』は院の意志に背いたとし,『愚管抄』『保暦間記』が将軍になろうとしたなどとするが,確証はない。おそらくは上皇の幕府に対する示威あるいは挑発ではなかろうか。

(美川圭)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

源頼茂の関連キーワード伊賀光季鎌倉時代源頼政没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android