コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溜漉 ためすき

百科事典マイペディアの解説

溜漉【ためすき】

和紙の手すき法の一つ。紙料液を槽(ふね)から適量すき具(簀の子(すのこ)か絹糸製の網)にくみ上げ,ゆり動かした後しばらく放置してそのまま水を切り紙層を形成させる。紙料液にはねりは加えず,すき上げた湿紙は毛布をはさんで積み重ねて圧搾脱水する。泉貨紙鳥の子紙局紙(きょくし)など厚い強靭(きょうじん)な和紙はこの方法ですく。→流漉(ながしずき)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android