ねり

百科事典マイペディアの解説

ねり

和紙を流し漉(ながしずき)するときに使う植物粘質物。製紙用糊料とも。紙料液に加えて粘性を高め,コウゾ,ミツマタなどの長繊維の急速な沈降を防ぎ,均等に分布させ,からみ合いをよくする。流し漉した湿紙は,じかに多数積み重ねて,圧搾脱水後1枚ずつはぎ乾燥させるが,ねりは湿紙を積み重ねておく間に粘着性を失い,上下の紙が密着するのを防ぐ作用ももつ。トロロアオイの粘質物が常用され,特殊の場合にノリウツギの粘質物が使われる。
→関連項目溜漉流漉和紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のねりの言及

【和紙】より

楮紙は最も強靱であり,雁皮紙は光沢のある,平滑なきめ細やかさをもち,三椏紙は紙の腰が柔軟で,優美な紙である。製法の第2の特色は,〈ねり〉を使用した〈流し漉き〉にある。ヨーロッパ等に伝わる〈溜め漉き〉では,原料に木綿の古布などをほぐしたものを使い,水に入れた原料を金網で静かにすくい取る。…

※「ねり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねりの関連情報