局紙(読み)キョクシ

百科事典マイペディアの解説

局紙【きょくし】

ミツマタを原料とし,鳥の子紙に似せて作った手すき和紙。明治初期に内閣印刷局(現在大蔵省所管)で製造されたので,この名がある。普通は淡黄色で,厚く,緻密(ちみつ)で,耐久性がある。1878年パリ万国博覧会で高く評価されて以来,多量に輸出されるようになった。用途は証券,賞状,美術印刷物などの用紙。現在福井県などに産し,機械ずきもある。→模造紙
→関連項目溜漉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょくし【局紙】

1874年(明治7),東京の王子に大蔵省印刷局抄紙部が創設された。これは印刷局の3代目局長得能良介が,紙幣や公債証書の偽造防止のうえからも,日本独特の優秀な紙を作りだす必要があると,越前の紙すき職人をよんで印刷局のなかに手すき工場を設立したものである。はじめ,日本独特の原料であるガンピを使って,印刷効果の良い紙をすくことを試みたが,ガンピの栽培が難しく,大量の原料確保が困難なため,類似の繊細な繊維をもつミツマタを原料とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょくし【局紙】

ミツマタを原料とする、丈夫で耐久力に富み、紙面につやのある紙。証券などの印刷に用いる。 〔明治初年に大蔵省印刷局で抄造したのでいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

局紙
きょくし

1875年(明治8)に大蔵省に設けられた印刷局抄紙部で、特別に紙幣や証券用に抄造された上質紙。古来の和紙のなかから、ガンピ(雁皮)を主原料とする鳥の子紙に着目し、越前(えちぜん)(福井県)から専門家を招いて、ミツマタ(三椏)を代用し同様の上質紙の製造に成功した。これを一般に局紙とよぶ。77年に海外へ初輸出され、日本羊皮紙あるいは植物性羊皮紙とよばれて世界的に有名になった。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きょく‐し【局紙】

〘名〙 (抄紙局製の紙の意) 明治一八年(一八八五)頃大蔵省抄紙局で、三椏(みつまた)からつくった手すき紙。後に機械すきとなり、今日では財務省印刷局のほか、民間でもつくり、証券、株券、賞状、辞令用紙などに用いられる。
※北国物語(1905)〈西村天囚〉「本邦独得専占の特産あり。普通に局紙(キョクシ)と称し、専門家の手漉印刷紙と称する者是れなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android