コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶液論 ようえきろんtheory of solution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶液論
ようえきろん
theory of solution

溶液の物理化学的な性質(→物理化学)を研究する学問領域。溶液の沸騰,蒸発潜熱(→潜熱),凝固粘性率拡散相平衡や,溶液中に溶けているイオン分子の状態などを,理論的あるいは実験的に研究する。今日では,溶液を単に均質なマクロなものとして熱力学的(→熱力学)に取り扱うのではなく,溶液を構成している溶媒の分子間,および溶媒分子と溶質の分子との相互作用という観点からの研究が進められている。実際に液体の状態を X線回折を用いて観察すると,分子は無秩序に存在するのではなく,近距離ではある程度の秩序をもっていることがわかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

溶液論の関連キーワードハーバート・ネヴィル ストーリー・マスキリンジョン・G. カークウッドJ.H. ファント・ホフデバイ=ヒュッケルの理論ファント・ホッフイオン(原子)ヒルデブランド高分子物理学プリゴジーヌカークウッド高分子化学化学物理学理想溶液池田菊苗デバイルイス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android