溶融塩発電炉(読み)ようゆうえんはつでんろ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

核燃料物質を混合した溶融塩を燃料とする液体燃料発電炉。燃料自体が炉心外に循環し、一次冷却材となる。液体燃料は固体燃料のような成形加工が不要で、放射線損傷などの問題がないため燃料交換の必要がなく、核燃料物質の補給なども連続的に行うことができる。また、核分裂反応をコントロールしやすく、軽水炉にくらべ安全性も高い。

 原子力発電炉開発の初期の段階から、化学プラントである原子炉には液体燃料が望ましいとして、さまざまな液体を対象として研究が行われてきた。アメリカのオーク・リッジ国立研究所では、フッ化リチウムとフッ化ベリリウムの二元系溶融塩(略称フリーベ)を用いた溶融塩実験炉を1965年から1969年まで4年間運転し、基礎技術を確立した。フリーベ系溶融塩核燃料は、核燃料を溶かし込む核反応媒体、反応熱を運び出す熱輸送媒体、反応生成物を処理する化学処理媒体の三機能を兼ねるため、発電所の機構を単純な設計にまとめることができる。この成果を踏まえ、同研究所では、トリウムを親物質としてウラン233を生成する溶融塩増殖炉の実現を目標とし、1971年に100万キロワット級の溶融塩増殖炉の概念設計を完成させた。しかし、トリウム溶融塩炉は、核兵器の原料となるプルトニウムをほとんど生成しないなど、軍事利用に不向きであることなどから、開発計画は中止された。

 日本においては、燃料自給自足・負荷追従型の小型トリウム溶融塩発電炉FUJIの概念設計と実用化が提案されている。

[古川和男]

『古川和男著『原発安全革命』(文春新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android