コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親物質 おやぶっしつfertile material

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親物質
おやぶっしつ
fertile material

中性子を吸収することにより核分裂性物質に変換する物質。天然にはプルトニウムに変換するウラン 238 (天然ウランには核分裂性物質のウラン 235は 0.72%しか含まれておらず,残りはほとんどすべてウラン 238である) およびウラン 233に変換するトリウムがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親物質
おやぶっしつ
fertile material

転換によって核分裂性の核種に変えることのできる物質。原子力エネルギーの源泉となる核分裂性核種で天然に存在するのはウラン235だけである。しかし原子炉中での核反応により、ウラン238は中性子を捕獲してプルトニウム239あるいはプルトニウム240に変換される。これらの核種も、ウラン235と同じく核分裂性物質であり、その核分裂に伴って発生するエネルギーを利用することができる。こうしてウラン238は有益な娘核種を生み出す豊饒(ほうじょう)なfertile物質であるという意味で親物質とよばれる。プルトニウム241はプルトニウム240を経て生成するので、後者を前者の親物質ということもある。また、トリウム232もウラン238同様、原子炉内で中性子の作用により核分裂性物質であるウラン233を生成するので親物質である。また重水素‐三重水素核融合反応に必要な三重水素(トリチウム)はリチウムからつくられるので、リチウムも親物質である。[中島篤之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

親物質の関連キーワード溶融塩増殖炉溶融塩発電炉ブランケット新型転換炉トリウム炉燃料親物質溶融塩炉核燃料核融合増殖炉隕石

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android