コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滋野井実国 しげのい さねくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滋野井実国 しげのい-さねくに

1140-1183 平安時代後期の公卿(くぎょう),歌人。
保延(ほうえん)6年生まれ。三条公教(きんのり)の次男。永暦(えいりやく)元年参議となり,権(ごんの)中納言,左衛門督(さえもんのかみ),権大納言を歴任し,安元元年正二位。滋野井家の祖。家集に「前大納言実国集」があり,「千載和歌集」などに収載されている。笛・神楽にもすぐれ,三条大納言とよばれた。寿永2年1月2日死去。44歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

滋野井実国の関連キーワード鎌倉幕府後鳥羽天皇上総広常斎藤実盛平知度藤原景高藤原光能俣野景久後鳥羽天皇斎藤実盛