コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝方山 たき ほうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝方山 たき-ほうざん

1651-1730 江戸時代前期-中期の俳人。
慶安4年生まれ。京都の人。東本願寺一如につかえる。俳諧(はいかい)を松江重頼(しげより),富尾似船(じせん)にまなんだ。享保(きょうほう)15年5月22日死去。80歳。通称は主水別号峰山,芳山,招鳩軒,応々翁。編著に「枕屏風」「北之筥(はこ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

滝方山の関連キーワード芳沢金毛堀内雲鼓俳人方山

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android