コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁場汚染 ぎょじょうおせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漁場汚染
ぎょじょうおせん

産業廃棄物や生活廃棄物流入によって海域が汚染され,漁場としての価値が低下すること。日本の場合,漁場汚染は経済の高度成長とともに拡大し,水俣病や有機水銀事件など深刻な社会問題を生み出し,また一方では,船舶の廃油投棄や漏れによる被害も発生したため,水質汚濁防止法海洋汚染防止法が整備された。近年では,漁網の汚染防止や船底塗料に使用された有機スズ化合物 (TBTO) の毒性が問題となり,対策が進められている。このほか開発途上地域においては,農薬や肥料の規制が十分になされていないため,これらが原因と考えられる赤潮の被害が報告されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

漁場汚染の関連キーワード漁業協同組合産業廃棄物

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android