コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂着神 ひょうちゃくしん

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうちゃくしん【漂着神】

潮流や風によって浜に流れ着く漂着物(寄物)を神としてまつる信仰で,寄神ともいう。この信仰の基盤には,寄物は海のかなたのカミからの贈物あるいはカミそのものとする考えがあり,これを拾う際に,話しかけたり,寸法をはかったりするしきたりが各地でみられた。漂着神としてまつられてきたものには,流木や舟をはじめ,酒樽,玉藻,ワカメ,鯨,タコ,白鳥など,日ごろ海辺に打ち上げられるものが多い。漁村で大漁の神としてまつられるえびすもまた,漂着神的要素を強くもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漂着神の関連キーワード客神(まろうどがみ)朝鮮神話鹿島信仰流れ仏

漂着神の関連情報