寄(せ)物(読み)ヨセモノ

世界大百科事典 第2版の解説

よりもの【寄物】

浜辺に漂着するのこと。日本の海岸には,季節のおりおり,風や潮にのって,多くの漂着物が流れ着く。とりわけしけのあった翌朝などには,種々のものが流れ着いている。こうした寄物には,流木をはじめ,破船した船の船材,ときには,人間の死体まであるし,また,ある一定の時期に海岸におしよせる魚なども含まれる。かつての(うら)の人々にとって,こうした寄物は,建築材や燃料としての貴重な生活財であった。また海のかなたから流れ寄る寄物に対し,これを神聖視することが多かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よせ‐もの【寄物】

〘名〙
① 多種類のものを一つにまとめたもの。また、分散しているものを一か所に集めたもの。
※新編追加‐天福二年(1234)三月一日「西国住人等号神人、構事於左右、好寄物功物之沙汰、致狼藉間」
③ 特に、料理で、寒天やくず粉などで、魚のすり身・卵・豆などの材料を寄せたもの。主に口取として用いられる。〔料理早指南(1801‐04)〕

よそえ‐もの よそへ‥【寄物】

〘名〙 なぞらえる物。かこつける物。
※虎寛本狂言・萩大名(室町末‐近世初)「『イヤ、これも能(よい)よそへ物が御ざる』『何によそゆるぞ』」

より‐もの【寄物】

〘名〙
① 寄り合ったもの。引っついたもの。
※随筆・独寝(1724頃)上「或大夫のいひしは、より物はなれものと思ふよし、尤のことなり」
② 浜辺に打ち寄せられたもの。もくずの類。
※浄瑠璃・鬼鹿毛無佐志鐙(1710頃)四「より物の中から刺身にする魚が出ると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寄(せ)物の言及

【漂着神】より

…潮流や風によって浜に流れ着く漂着物(寄物)を神としてまつる信仰で,寄神ともいう。この信仰の基盤には,寄物は海のかなたのカミからの贈物あるいはカミそのものとする考えがあり,これを拾う際に,話しかけたり,寸法をはかったりするしきたりが各地でみられた。…

※「寄(せ)物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android