コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漆年貢 うるしねんぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漆年貢
うるしねんぐ

漆役,漆永 (うるしえい) ともいう。江戸時代雑税である小物成 (こものなり) の一つ。林野,堤防,空地などに植えられた木に課した。関東,奥羽地方の山村に多く,漆の実または漆ろうの現物納と金納とがあり,賦課率は一定していなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うるし‐ねんぐ【漆年貢】

江戸時代の雑税の一。ウルシの木に対して課されたもので、はじめは現物納、のち金代納となった。漆役

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うるしねんぐ【漆年貢】

江戸時代の雑税の一。山野や空き地に植えてある漆の木の本数に応じて課せられたもの。漆役。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の漆年貢の言及

【ウルシ(漆)】より

…会津では蒲生氏が,山口では大内氏が,静岡では今川氏がそれぞれ力をそそぎ今日の繁栄の基礎をつくった。江戸時代には納税の一種として漆年貢もあり,幕府には漆奉行が置かれ漆の収納,社寺の什器(じゆうき)をつかさどった。江戸時代中期にその産地は25ヵ所を数え,各藩で漆器生産販売の保護,奨励が進み,城下には塗師町も形成され,現在見られる漆器産地のほとんどが出そろった。…

【小物成】より

…(1)狭義の小物成は,山林原野,河海池沼など,検地を受けない土地を対象として賦課されたもので,この中には例えば山年貢,野年貢,草年貢のように,対象地の面積(反別)を計測してこれに課したものと,山役,山手米,野手米,海役,池役などのように,反別を定めることなく,高外地の用益権に賦課したものがある。また,漆年貢,櫨(はぜ)年貢,茶役など,高外地に生育する草木の用益に対して課す場合もあった。小物成(狭義)は,毎年一定の額を上納することが多いので,代官が毎年作成し勘定奉行に報告する郷帳(ごうちよう)(取箇(とりか)郷帳,成箇郷帳ともいう)にも記載された。…

※「漆年貢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

漆年貢の関連キーワード空き地山野本数

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android