コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金納 キンノウ

3件 の用語解説(金納の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きん‐のう〔‐ナフ〕【金納】

[名](スル)租税・小作料などを金銭で納めること。「地代を金納する」⇔物納

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きんのう【金納】

( 名 ) スル
税・小作料などを金銭で納めること。 ↔ 物納 「税を-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金納
きんのう

貨幣で租税を納めること。租税は、鎌倉時代以前においては物品の貢納が主であったが、鎌倉・室町時代には田租(でんそ)は穀納とともに銭納が行われるようになり、臨時の支出にあてる段銭(たんせん)・棟別銭(むねべつせん)などにも銭納が行われている。江戸時代においては田畑の貢租は米納が原則とされていたが、貨幣経済の進展に伴い、米のかわりに貨幣をもって納付する石代納(こくだいのう)が行われ、さらに小物成(こものなり)については、より広く貨幣納化が進められていた。幕府は米納を維持し、石代納を制限する方策をとったが、貨幣納化の趨勢(すうせい)を止めえなかった。1873年(明治6)から開始された地租改正により、旧貢租の物納制は廃止され、雑税が整理統合されて地租が租税の中心となった。地租納入については、地価を課税基準とし、地価100分の3の税率による金納が行われることとなった(ただし地主に払う小作料は物納)。地租金納化は近代財政制度の確立のうえに重要な意義をもつものであったが、当時農家経済が十分に貨幣経済化していなかったため、小農民の没落など多くの問題が生ずることとなった。[伝田 功]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金納の言及

【物納】より

…貨幣以外の物の形で税を支払うことを税の物納という。比較的最近では,江戸時代の米納が物納の例としてあげられるが,明治時代にはいり金納に代わり今日にいたっている。 日本では今日,物納の認められているのは相続税のみである(相続税法41条)。…

※「金納」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金納の関連キーワード小作小作米小作料敷金小作見取り小作刈分け小作作得年期小作死亡保険金交換差金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金納の関連情報